午前中の保育士のお仕事

保育士の毎日の一例を挙げたいと思います。保育士のお仕事は朝早くからスタートします。7\:30には早番の保育士が出勤し、保育の準備を開始します。早い時間から預けられる子どもへの対応が必要だからです。子どもが登園してくると、保護者からの伝言を受けたりします。8\:30になると通常勤務の保育士が出勤して朝礼と申し送りを行います。9\:00前後に子どもたちが続々と登園してくることになります。本格的に保育が開始となります。遅番の保育士は10\:30頃に出勤します。お昼までは遊びやクラス活動の時間となり、保育士は子どもの世話をすることになります。

午後の保育士のお仕事

お昼が終わると子どもたちはお昼寝に入ります。保育士はこの時間を使って事務作業を進めます。お昼寝は15\:00頃まであるので、できるだけの時間帯で事務作業を済ませたいところです。子どもたちがお昼寝から起きる頃には保育に戻ることになります。子どもたちはお昼寝の後はおやつになります。お昼寝もしておやつも食べた子どもは元気いっぱいですが、保育士にとっては疲れが出てくる時間帯です。早番の保育士は16\:30に退勤時間を迎えます。通常勤務保育士は17\:30に退勤時間を迎えます。いずれも事務作業が残っていたり、準備が間に合っていなかったりすると残業して取り組む形になります。

保育士のお仕事は大変なだけか

朝早くからスタートし、延長保育がある場合は夜まで続く保育士のお仕事は大変なだけに見えますが、そうとも言えません。多くの業務量と子どもへの対応、時には保護者へのサポートなど、多忙かつ多岐にわたることは事実ではあります。しかし、そういった大変な仕事の中で新たな気づきや癒しを得ることができることも事実です。保育士の毎日は忙しいながらも、同時に刺激に満ち溢れた毎日であるとも言えます。子どもの成長を間近で見つつ、保護者へのサポートもしたいと考えている人には非常に魅力的な仕事であると言えます。

保育士の求人では給与と福利厚生をしっかりと見ると良いです。また残業があるのかないのかも見ると良いです。