産業医のバイトが圧倒的に人気

需要こそ少ないものの、アルバイトの希望者が非常に多いのが産業医です。基本的に治療をすることがありませんので、比較的責任の面で気が楽だとお答えになる方が多いですね。企業に訪問する形が多いのですが、それも半日程度で5万円ほどのお給料になりますから効率も非常に良いです。また、病院で勤務するのではなくさまざまな企業の方々と交流する機会もありますので、医療関係以外の現場を知ることが出来たり、見聞が広がるという点でも人気があります。

小児科はとにかく需要が多い!

小児科の場合は医師のバイトを希望している病院が非常に多いです。というのも子どもの場合は大人と体格も違いますのでより繊細な治療が求められます。夜間に出勤する必要があったり、急患も多いですね。何と言っても子どもの場合は自分の状態をうまく言葉にして伝える事が出来ませんからそれだけ大変なんです。そのため常に人手不足になってしまう傾向があり、夜勤だけなどのバイト医師も積極的に雇用していることが多いです。アルバイトで良いから続けて欲しいという病院側とちょうど折り合いのつく形ですね。

麻酔科のアルバイトは学生からも注目されている!

医師のバイトといえばやはり定番は麻酔科です。というのも、他の科と比べてみると時給がかなり高いんです。地域などにもよりますが、3倍ほどの差が付くこともあります。医師が不足していると言われている中特別な技術を持つ麻酔医というのはやはり希少価値が高く、それだけ時給も上がるんですよね。アルバイトをしながら高額な年収を叩き出し、のんびり生活をしているという方も多いです。それを希望して麻酔医になる方もいらっしゃるほどです。

医師のバイトでは、充実した条件が揃っている案件が多いという特徴があり、空いた時間を有効活用しながらお金を稼ぐことができます。