介護ヘルパーの仕事は大変だあ!

仕事はみんな大変ですが、中でも介護ヘルパーの仕事って大変ですよね。特に苦労するのは、夏場のお風呂の介助だといいますね。若いヘルパーさえ、フラフラになることもあるということなんですよ。普通に介助しているのに気分を害され、はたかれたり、引っかかれたりするケースも中にはあるらしいですね。高校を卒業したばかりの新人からベテラン、外国人までさまざまなヘルパーがいますが、深夜勤務で生活のリズムを崩す人もいるんですよね。

なぜヘルパーを続けられるのか?

なぜ、ヘルパーという厳しい仕事を続けられるのでしょうか?ヘルパーさんに聞いてみると、「やりがいがある」「人の役に立ちたい」という答えが返ってきます。うーん、感心ですね。他にも、「(職場なのに)まるで家族と一緒に暮らすような感覚でいられるから」という答えもあるんですよね。いや、すごいですよね!情熱がひしひしと伝わってきますね。一方では、慢性的な人手不足に対する不満(不安?)の声も聞かれるんですよね。

人手不足は全国共通の課題!

介護ヘルパーの慢性的な人手不足は、全国共通の課題なんですよ。重労働で、しかも責任が重いですよね。この大変さに見合う報酬が出せる仕組みをつくらないと、なり手はどんどん減っていくでしょうね。今、志を高くして頑張っているヘルパーも、職場環境がこれより後退すれば、もたないのではないでしょうか?今の介護現場って、ヘルパー個人の熱意や志に相当、支えられているんですよね。いろんな事情があって改善がなかなか難しいのでしょうが、何とかみんなで知恵を絞って考えたい問題ですね。

家族介護でバランスよく幸せな家族生活を送ることができる人が多い中、バランスが取れずに介護の負担を強いられる家庭もいます。そんな負担を少しでも軽くするのが介護の派遣サービスです。