コンビニアルバイトの業務

アルバイトを始めようとしたときの候補としてコンビニでのアルバイトがあるかと思います。そこで、コンビニでのアルバイト内容について簡単に紹介していきたいと思います。コンビニでの業務はレジでの接客だけでなく棚卸しや清掃など多くの業務が存在しています。さらに、近年ではネットで購入した商品を受け取れるサービスの実施等様々なサービスを開始しており、覚えなければいけないことは多種に渡ります。そのためマニュアルは必ず覚えておかなければならず、常に新しいことを吸収する力が求められます。

時間帯によって時給が違う?

皆さんはコンビニのアルバイトの時給は低いと思いがちですが、実は時間帯によってはかなり高額なケースがあります。お昼は最低賃金でも夕方や朝のラッシュ時等は他と比べると高額に設定してあるコンビニも多く、一概に低賃金とは言えません。また、夜の10時以降では時給が1.25倍になるため時給が800円の場合は1000円に増額されます。夜勤ではほとんどお客様は来店することはありません。地域によっては1時間以上来ないケースもあるそうです。そのため、夜勤で商品の補充を行い次の混雑に備えるような流れとなっています。あまり接客が得意ではない場合、夜勤が向いているかもしれません。時給も上がるため一石二鳥ですよ。

時間帯を決めることで、上手に働ける

さらにコンビニアルバイトは細かく働く時間が指定されていることが多いです。そのため学生は早朝に働き講義前に働くといったことも可能です。また、他のアルバイトとの掛け持ち(ダブルワーク)も行いやすく効率よくお金を稼ぐことができます。注意しなければいけないことは、夜勤はどうしても生活のリズムを崩しやすく体を壊していまう恐れが有ります。大型連休時等は夜勤を行いガッツリと稼ぎ、平日は特定の日にちのみ働くことで体への負担も減らす等といったスケジュール管理は重要です。自分のライフスタイルに合わせて上手に働くことで、お金を稼ぐ以外にも社交性や流通の仕組みを学ぶことも可能です。ぜひコンビニのアルバイトに応募してみましょう!

コンビニのバイトにはウォークインの補充やレジの管理やトイレや床の掃除やお菓子の補充をしたりする作業があります。