保育士資格を取るための学校!

保育士の資格免許が欲しいならその方法としては、国家試験を受けなくても専門学校を卒業することで資格摂取することも出来ます。大学、短大の他に専門学校といった養成学校の種類がありますが、短大で保育士資格を取るという人が非常に多く見られます。学校に通いことで学ぶ訳ですが、授業では保育士に必要な基本的な知識だけでなく、数か月間の実務講習も行っていきます。学校を卒業する時には自動的に保育士資格を摂取できるシステムになっているのです。

通信講座で学び国家試験を受ける!

学校に通わなくても保育士の資格を取ることは出来ます。そのためには国家試験を受けることになりますが、保育士資格の国家試験は一年に一度と決まっています。しっかりとした受験目標を持ち、通信講座を有効活用して保育士の資格摂取に取り組んでいる人もたくさんいます。通信教育でも毎年の傾向や対策が練られていますから、カリキュラムに沿って勉強に取り組んでいくことも可能です。講座の種類にもよって費用が変ってきますが、相場としては10万円から30万円の間で済むと考えて良いでしょう。

独学でも試験に受かれば資格が持てる!

会社勤めをしながら資格摂取に励んでいる人の場合、専門学校に通ううことはまず無理です。そうした場合多くの人は通信講座を申し込んで勉強するでしょう。しかし通信講座を申し込めば、試験に受かるという訳でもありません。要はその人の努力によるものなので、自分自身で教材を集めたり、保育資格を取るための勉強が独学でも行えれば、国家試験に受かる可能性は十分にあると言えます。学校や通信講座にとらわれずに自分のペースで勉強した方が向いている人だっているでしょう。

保育園の求人は今はたくさんあります。ただでさえ待機児童が多い地域がたくさんあるのですから、保育士の数も足りていないのが現状です。