今の日本の少子高齢化・・・私たちはどうすれば?

現代の日本は、少子高齢化であり60歳以上の高齢者が介護をする「老老介護」が問題となり、これからさらに、子供の数が少なくなる一方で4人に1人は高齢者となりさらに介護をする人が減っていきます。これからを若者や、年金をこれからもらって介護される側になる人にとってかなり心配ごとになってきますね。そんな時のために、どんな法律や福祉があるのでしょうか?今のうちに知っておくことでいざその壁にぶつかったときに対応できますね!

介護保険制度。難しいけどどうすれば?

さて、名前くらいは聞いたことがあると思います「介護保険制度」。難しいからわからないという人もいると思います。まず大きく分けて介護保険と医療保険があるのです。介護保険の対象は第一被保険者が65歳以上、第二被保険者が40歳以上65歳未満です。介護保険はまず要介護認定というものをしなければならないため、まずは市役所に助けを求めましょう。または近くの地域包括支援センターに相談することで色々な手続きを一緒に進めてくれます。

介護をするのは大変!色々な人に助けを求めよう

介護とは自分の体力を消耗します。自宅での介護でのリスクは、医療者が常にいないことによる合併症や事故のリスクのほかに、介護する側の負担が大きすぎて介護する人が倒れてしまうリスクが最も大きい2つのリスクと言われています。介護する人が自分一人の場合、不安や疲労を貯めずに訪問看護師やケアマネージャー、ホームヘルパーなどを巻き込み、自分の負担もケアプランに入れつつ介護することが重要となっています。介護は大変ですが、抱え込まないでたくさんの人に支えてもらいましょうね。

介護に就職するなら今がおすすめです。求人倍率が高く給料待遇がいい、そして人の役にたつことができます。