面接に行ってビックリ、「そんなの聞いてない!」

アルバイトの募集記事などで、業務の実態を隠して求人しているものがたまにあります。実際に面接に行くと、思いもよらない仕事の内容でビックリしたという経験はないでしょうか。良くあるのは、出会い系サイトのサクラ業務です。サイトに登録している女性の振りをして、会員とメールをするというのが仕事の内容になります。会員はお金を出してポイント等を購入していおり、メールの送受信にはポイントが必要です。サクラの目的は会員との会話をなるべく引き伸ばして、多くのポイントを使わせることです。出会い系サイトには様々なものがありますが、悪質なところではほぼ99パーセントがサクラで構成されているようです。

ブラックバイトのオフィスの雰囲気

では実際のサクラ業務のオフィスはどのような雰囲気でしょうか。たくさんパソコンが並んでおり、年齢層の若い男女がキーボードに向かっているという光景で一見、何のオフィスかよくわかりません。通常は服装制限はまったくなく、髪型も、ピアスやタトゥーなども自由です。タイムカードもあり、勤怠、休憩時間はきちんと管理されています。こういう仕事であっても末端の管理者は怖い人ではなくほとんどの場合、ごく普通の若者です。時給は1200円くらいからスタートし、時々インセンティブがつくこともあります。遊びに使うお金を貯めるため、他にやりたいことがあるから、生活のために・・・そんな目的で働いている人が多いのではないでしょうか。

ブラックバイトをすると困るポイント

ブラックバイトを一度始めてしまい困るの点は、良心の呵責を感じても、生計を立てるためになかなかやめることが難しいということです。さらに職場の中でSVの立場になりバイトを使うようになると余計ですよね。やめた後就職活動をする時、履歴書にそのまま業務内容を書くわけにはいきません。そこでまた軽くごまかした職歴を書き記すことになります。自分の過去の一時期を公に出来ないというのは少々、辛いものですよね。他にもまともなスキルが身につかない、人を騙すのにストレスを感じる、などがあります。それでもお金がたくさん入ればかまわないという方もいると思いますが・・・あなたはいかがでしょうか?

アルバイトの最低賃金は地域ごとに基準がありますが、上限に決まりはありません。高時給のバイトには短時間で高収入を得られ、時間を有効活用できる利点があります。