自分自身を客観的に知りましょう

就職活動で必ず皆さんが行うべきことは、誰もがご存知の自己分析です。面接では相手に自分をよく知ってもらうことが重要ですから、自分自身が自分のことをよく把握していないと論理的な説明やアピールができないですよね。そして、自己分析の際に気をつけてほしいことが、必ず自分を客観的に見ることと、良いことだけに目を向けず、悪いところもしっかり把握することが大切です。人間は大抵どこかに足りない部分があるはずなので、変に完璧すぎると逆に嘘をついているのではないかと疑われる可能性があります。

企業分析を怠ってはいけない

基本的に企業は優秀な人材を採用したいと思っていますが、企業への熱意や情熱が薄いと感じると採用する気持ちも低下してしまうことがあります。そこで重要なのが企業分析です。自己分析で自分を知った上で、どのような業界、業種なら最もマッチしそうかを判断してみましょう。その次に、その企業で自分は何をやりたいかを明確化していくことが大切です。しかし、自分がマッチしそうな企業をなかなか絞れないという方もいるでしょう。そういう方は、まずは会社規模やブランド、福利厚生等で絞ってみるのも良いかもしれません。

相手に良い印象を持ってもらう

大抵、しっかりとした企業分析や自己分析ができていれば、どこからも内定がないという事態になることは少ないでしょう。この項目では、最後の詰めのところとなります。例えば、面接段階でほとんど同じ評価のAさんとBさんがいたとしましょう。しかし、どちらかを選ばないといけません。このような場合、面接段階での印象を鑑み、どちらかを選ぶ可能性が高いです。面接という短い時間でも印象は決まるので、少なくとも悪い印象は与えないように、身だしなみや面接姿勢は必ず気をつけましょう。

新卒紹介のサポートが優れている人材紹介会社においては、事業の規模にかかわらず多くの企業からの依頼が相次いでいます。